ネット情報の共有

通信

最近良く聞くクラウドですが、クラウドソーシングと呼ばれ、インターネット上にいろいろなものを入れてそれを皆で共有しようというのが元々の考えです。そのため使用されるサービスは業務プログラム主にワードなどのオフィスソフトがメインになります。 これらオフィスソフトプログラムをインターネットやブラウザで起動できるようにすることで、どのデバイス、OSを気にせず従来使っていたオフィスソフトを利用することができるようになりました。 このサービスを利用するには管理者としてそれを提供している会社への登録が必要になります。登録をしたあとは月額制になり、月いくらかを支払うことでこのクラウドソーシングサービスを利用することができます。

クラウドソーシングサービスにはインターネットを利用したプログラムを置いておくところになり、そのサービスはどのデバイスからでも使用することができます。オフィスソフトを起動することができないOSやデバイスからでも使用できるのが利点です。 スマートフォンなどにオフィスファイルを持っていても開くことができませんが、クラウドソーシングを利用すればそのファイルを開くことができます。その他にもオフィスソフトを搭載していないOSやそれが起動できないOSでも利用することができます。 インターネット環境があればMacでもMicrosoft Officeを利用することができるのがクラウドソーシングの利点です。これらは今後のビジネスをより良い物へとしてくれます。